お金に困ってしまったらカードローン

暮らしの中でお金に困ってしまったら、カードローンによる借り入れを考えてみるのも悪くはありません。カードローンと聞くとどうにもイメージが悪く感じるかもしれませんが、最近では大手銀行も個人向けカードローンに力を入れてきており、一昔前に比べると初めての方でも安心して借りられるようになってきています。

 

少額の借り入れに留めておけば金利負担が大きくなりがちなカードローンでも安心して利用ができるようになっているので、急な出費で手持ちのお金が足りなくなってしまったときには、信頼のできる借り入れ先でのカードローンを考えてみましょう。

 

 

早くに借りられるのがカードローンの大きな魅力

カードローンの良さは手続きの早さや手軽さにあります。ネットでの来店不要の申し込みから借り入れまで最短即日も可能となっているので、すぐにでも現金が必要な場合でもカードローンは役立ちます。早い借り入れとなると優れているのは消費者金融ですが、最近では銀行でも最短即日融資に対応をしているところが増えてきているので、早くに借りたい場合でも銀行カードローンも選択肢に入ります。

 

即日融資での利用の仕方は基本的に銀行振り込みかカードを使うかの二択で、消費者金融にしろ銀行にしろ、どちらも規定時間内の手続き完了で当日中の借り入れも可能となっています。

 

銀行振り込みの場合には基本的に銀行の営業日で営業時間内のみの対応となるため、最短即日の振り込み融資に対応をしている消費者金融のカードローンなどでは、平日の14時あたりまでの手続き完了がその日のうちに振り込める制限時間となっているところが多いです。

 

一部の消費者金融では指定の金融機関宛であれば時間や曜日を問わず、24時間最短10秒での振り込み融資も可能となっているため、時間外でも振り込みでの借り入れを利用したい場合にはこういったサービスを提供しているカードローンを利用することも考えてみると良いです。

 

一方、カードを使った最短即日融資の場合には、時間や手続きに余裕が持てるようになります。

 

契約機で最短即日のカード受け取り

以前はカードローン契約の主流であった自動契約機での手続きは、最近ではWeb契約が中心となってきたためにあまり聞かなくなった感があります。しかし、今でも契約機は現役で利用がされており、特に急ぎでカードローンの利用を進めたい方にとっては頼れるツールとなっています。

 

契約機の良さは平日も土日も営業をしているところが多い点で、すぐにでも、とにかく急ぎで現金が必要な場合に便利です。銀行振り込みでの対応のように曜日の制限も無く、夕方や夜間でも営業時間内であればその日のうちに借りられるようにもなっているために助かります。

 

また、その場でカードや契約書類を受け取るために後日の自宅宛の郵送物が無いのも契約機での手続きの良さであり、内緒で借りたい方や振り込み融資での銀行口座にカードローン利用の記帳が残ってしまうのを嫌う方からの人気は高いのです。

 

契約機と聞くと消費者金融をイメージされる方が多いですが、銀行が提供するカードローンでも契約機での手続きが可能となっています。例えば三井住友銀行カードローンでは、土日でも銀行の店舗内に設置のローン契約機を使って当日中のカード発行も可能となっています。

 

受け取ったカードは限度額が設定されていればその場からすぐに使えるようになるため、そのまま三井住友銀行のATMで、または提携ATMで限度額内で繰り返し何度でも借りられるために大変便利です。

 

銀行の窓口は閉まっていても審査や契約の多くを三井住友銀行カードローンの保証会社が行っているために土日の手続きも可能としており、消費者金融とそこまで変わらないスピードで借りながら金利面での負担を抑えられる注目のカードローンとなります。

 

少額の借り入れなら返済も楽

カードローンはマイカーローンや住宅ローン、教育ローンといった目的ローンと比べると金利が高くなってしまうので、借り入れ後の返済に不安を感じる方も少なくありません。たしかに多くの借り入れをカードローンで利用すると返済時の利息負担が大きくなりますが、借り入れ金額を少額に抑えておけば安心ができます。

 

何も限度額を全額借りる必要はなく、枠内であれば何度でも繰り返し必要な分だけ借りられるカードローンのサービスは、限度額が200万円や300万円となっているとしても、借りる金額は5万円や10万円といった少額でも問題ありません。借りる金額が少ないからと言って限度額が減額されることもなく、借りた後の返済さえしっかりと行っておけば通常は枠は維持されます。

 

大きな金額を借りずに数万円程度の利用に留めれば毎月の返済もそこまで大きくはならないので、カードローンでの借り入れ後の返済負担を抑えたいと考える方は、余計な借り入れをせずに必要最低限の利用に留めるようにすると良いでしょう。